2011年09月24日

東芝 石窯オーブン ER-H8の機能



東芝 石窯オーブン ER-H8の主な機能をご紹介します。



その1
高温250℃石窯オーブンでこんがり、ふっくら

石素材を採用しているので、庫内まるごと遠赤外線効果が得られます。
素材を包み込み、内部まで効率よく加熱することができます。
ピザやパンはこんがりと、ハンバーグは旨みをぎゅっと閉じ込めふっくら仕上げます。



その2
高温250℃過熱水蒸気で油を落としてヘルシー 



一度にたくさんのスチームを噴射することができるので、
高温250℃の過熱水蒸気素早く一度にたくさん噴射し、食品を焼き上げます。
そのため食品の余分な油を落とすし、ヘルシー料理を楽しめます。

他にも蒸し料理や適温スチーム調理、スチームあたために対応しています。


その3
キッチンにすっきり置ける 背面ピッタリ設置



背面を壁にピッタリつけて設置できる仕様ですので、余計なスペースを取りません。
30Lの大容量で、設置奥行きは本体寸法45cmですみます。


その4
簡単お手入れ


カンタンお手入れコースや遠赤・脱臭ブラックコートなど、
お手入れが簡単にできる機能を備えています。


東芝 石窯オーブン ER-H8についてもっと詳しく見る
↓ ↓ ↓
TOSHIBA スチーム石窯オーブン30L ER-H8(H) ライトグレー

posted by erh8kutikomi at 01:45| ER-H8の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
www.i2i.jp/fx/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。